サプリメント・食物繊維 スティムフローラ-Stimflora | 日記 | 痔と便秘

ピュア・イヌリン食物繊維、普段の食事では摂ることが難しい貴重な天然成分のサプリメント!

Top >  日記 > 痔と便秘

サプリメント・食物繊維 スティムフローラ-Stimflora の日記

痔と便秘

2011.12.26

 痔と便秘とは非常に深い関係にあります。便秘は痔を作り、痔は便秘を悪化させるといえます。これは、人間が二足歩行する、つまり立って生活をする生き物であり、これが痔の原因になっているといわれています。例えば、イヌやネコなどの四足の動物ならば、肛門と心臓は同じ高さの位置にあるので、肛門部の血流はスムーズに流れます。一方、人間は立っている場合には、血液(静脈血)は下から上へと流れるため、血液の流れが悪くなります。つまり、肛門部の血液はただでさえうっ血(滞留)をしやすい部分なのです。ところが、便秘の人は硬い便を押し出そうと強くいきむので、この血液のうっ血が強まり、痔核を形成させたり、出血を伴う切れ痔となったり、痔の症状を悪化させる原因となるのです。また、痔の一部は肛門部からはみ出すこともあります。
 痔には、いぼ痔(痔核)、切れ痔(裂肛)あるいはあな痔(痔ろう)などの種類があります。いぼ痔は、便秘のためにいきんだりして、肛門に負担がかかると肛門の粘膜下部がうっ血してふくらみ、いぼ状になったものです。歯状線の内側にできたものを内痔核、外側にできたものを外痔核といいます。一方、切れ痔は、主に硬い便が肛門を通過する時にできた傷による出血を伴う痔のことをいいます。便秘で硬くなった便をいきんで無理に押し出そうとすると、肛門が裂けたり、便で傷つけられて起こります。排便時に激しい痛みがあり、出血もあります。女性には切れ痔が多いといわれています。これは、女性は黄体ホルモンの影響で男性に比べて便秘になりやすく、しかも硬い便の便秘になりやすいためです。最後にあな痔についてですが、これは細菌の感染により肛門の周囲に膿(うみ)がたまる肛門周囲膿しょうを起こし、膿のトンネルができたものです。あな痔は下痢が原因で起こることが多く、肛門周囲膿しょうの段階では肛門の周りが腫れて熱を出し、激しく痛みます。あな痔は比較的男性に多くみられますが、これは男性は女性に比べて下痢の人が多いためといわれています。
 このように、痔と便秘あるいは便との関係は非常に密接しており、肛門周囲は特に神経がたくさん集まっているため、痔の痛みは強烈なものです。また、痛みのために排便を我慢するようになるので、その結果、ますます便秘がひどくなり、痔と便秘とは悪循環を繰り返すのです。
 以上、痔と便秘の関係をみてみますと、先ずは便を軟らかくし便秘を改善することが痔の治療や予防につながります。また、あな痔では腸内細菌の悪玉菌による感染が原因となりますので、善玉菌を増やし悪玉菌を減らす腸内環境対策が必要となります。イヌリン食物繊維は、そのプレバイオティク効果で便を軟らかくし便秘を改善させ、さらに善玉菌を増やす作用が強いので、女性および男性の痔においても非常に有効となります。このように、痔の対策は便秘の対策とともに腸内環境を整えることが大切です。イヌリン食物繊維サプリメントによる日常的なケアが痔の予防につながります。

痔と便秘

日記一覧へ戻る

【PR】  樹々  ハローストレージ大森南  カットスペース シオザワ (CutSpace4030)  NEVERLAND  【フットケア×炭酸整体】ドクターネイル爪革命 京都出町店